いもほりサイコー!! 感動の収穫体験

今年度の参加園児は62名で、対する本校生は生物環境工学科2年生と3年生合計70名の農業大好き人間達でした。5月にイモ苗植え付け後、6~7月の長い梅雨の季節、転じてその後の8月の猛暑。昨年夏の干ばつ状態よりは適度な降雨がありましたので、今年のサツマイモはほぼ順調な生育でした。夏は1年生も加わって除草作業、農業クラブ役員も管理作業をよく頑張りました。いもづるも切って用意万端。収穫当日は朝から気温も下がり、晴天に恵まれサイコーのいもほり日和でした。園児と生徒のふれあいは双方とも夢中になり、その場面は感動的でもありました。各園の園児達は野菜カゴいっぱいしっかりイモを持ち帰ってもらいました。

①「皆しっかりほってください」校長激励

いもほりサイコー!! 感動の収穫体験

②「どんなイモがあるか、楽しみだね」

いもほりサイコー!! 感動の収穫体験

③「上手にほれたね」思わず拍手!

いもほりサイコー!! 感動の収穫体験
④一緒のおねーちゃんと記念撮影!
いもほりサイコー!! 感動の収穫体験
中学生のみなさんへ 卒業生のみなさんへ 保護者のみなさんへ 翔陽生による”学校応援ブログ”SHOYO BLOG
イベントカレンダー