×閉じる
×閉じる
サイト検索
活動方針
活動方針

学校の部活動に係る活動方針

益田翔陽高等学校 部活動に係る活動方針

1.基本方針
(1)学業と部活動の両立に努め、学校生活の充実を図る。
(2)本校の教育の一環として、部活動を通して、健康な心身の発達、豊かな人間形成に
努 め、 生きる力を育成する。
(3)自他をともに大切にし、お互いが支え合いながら目標達成に取り組むことで、より
よい人間関係を築くなど、実社会においてたくましく、活躍する人材を育成する。

2.本年度の部活動
(1)設置部活動
【体育系】
陸上競技、硬式野球、サッカー、テニス(男女)、ソフトテニス(男女)
柔道、弓道、バスケットボール(男女)、バレーボール(女子)、卓球
【文科系】
写真、JRC、吹奏楽、美術、電気、工作、自然科学、弦楽
【同好会】
華道、書道
【外部団体に所属している生徒の活動】
水泳

(2)活動時間・休養日等
1活動時間
平日 3時間程度
週休日等・長期休業中 4時間程度(大会・練習試合、合宿等を除く)
2休養日
週当たり1日以上の休養日を設ける。
3その他
定期試験の1週間前から原則として休養日とする。
ただし、申し合わせ事項により、許可された部活動のみ1時間程度の練習を認め る。

3.部活動運営について
(1)体罰等の根絶
部活動指導者は、いかなる理由があっても、部活動の指導で体罰を正当化するこ
とは誤りであり、決して許されないものであるとの認識を持ち、体罰等のない指導
に徹する。
(2)安全管理と事故防止
1生徒の健康管理の把握を行う。
2事故の未然防止のため、施設・設備等の点検を行う。
3事故発生時の連絡方法など、危機管理体制の徹底を行う。
(3)保護者の理解と協力
保護者の理解と協力は、部活動の運営上欠かすことのできない大切なことである。 活動計画等を明確にし、保護者に理解を得る。

このページのトップへ