令和元年度 石見地区新人バスケットボール大会結果(女子バスケット)

1.大会名 : 石見地区高等学校バスケットボール新人大会

2.期 日 : 令和元年12月14日(土)・15日(日)

3.場 所 : 浜田高校体育館

4.成 績 : 2回戦   益田翔陽 38 ー 62 浜田
        3位決定戦 益田翔陽 36 ー 74 益田 (第4位)

5.感 想 : 1月に行われる県新人大会でのシード権をかけた戦いで、この大会の結果で、石見地区はベスト4シード1つ、ベスト8シード1つが与えられる。
 初戦の浜田高校戦は、県選手権でこちらが勝利した相手であったが、第1クォーターから相手の勢いに押され、こちらもシュートは打っているが逃げているシュートになってしまい全く得点をとることができず、約20点ビハインドからのスタートとなってしまった。その後はゾーンディフェンスなどで流れを変えようと試みたが、第1クォーターの得点差が大きく響き敗戦となった。次の3位決定戦では益田高校と対戦した。こちらは第1クォーターはよく頑張っていたが、だんだんと地力の差が出始め、それに伴ってリバウンドやルーズボールといった地味なプレーも負けが多くなり、こちらも大差での敗戦となった。11月の選手権で3年生が抜け、本当の意味での新チーム最初の試合だったが、技術の前に戦う姿勢が見せられないままのゲームとなってしまった感が強く、今後に向けて大きな課題が残った。この課題をクリアするためにも、一人一人の「自立」をテーマに、技術だけでなく戦う姿勢を作っていきたい。