薬物乱用防止教室を行いました

 9月9日(水)1年生を対象に、薬物乱用防止教室を行いました。
 「薬物」とは医療品も含まれているため、注意書きや医者から処方を受けたとおりの用途・用法を守るのが大事だということ、「危険ドラッグ」とは規制されている薬物の成分を一部変更しただけで、安全性の確認はされていないことなど、詳しく教えていただきました。
 「危険ドラッグ」の使用により起きた事件や事故の中には、ニュースで目にしたものもあり、大きな事件につながる危険なものであると再確認しました。また島根県内でも「危険ドラッグ」関連での逮捕者がいることを知り、「危険ドラッグ」は身近に潜んでいるかもしれないと考えさせられました。他人事とは思わず、勧められてもはっきり断る強い意志を持つようにしてほしいです。

 

薬物乱用防止教室を行いました
薬物乱用防止教室を行いました
中学生のみなさんへ 卒業生のみなさんへ 保護者のみなさんへ
イベントカレンダー