「大望の像」移設しました

 本校にある「大望の像」をご存知でしょうか。昭和51年1月、当時の益田農林高校陸上部の田村慎二さんが、前年末、京都で全国高校駅伝大会直前に病に倒れ、亡くなりました。これを悼み、大望半ばで燃え尽きた駅伝ランナーの青春を永遠に伝えるため、また行き交う生徒に希望の灯を掲げるためにブロンズ像が作られたそうです。
 これまで生徒昇降口の屋上に設置されていた「大望の像」ですが、このたび校舎改修工事に伴って昇降口前に移設されました。移設工事が無事終わり、田村さんの母・敦子さんと当時の陸上部の後輩・矢冨邦久さんが来校され、感慨深く当時を振り返っておられました。
 また、田村敦子さんからは学校教育活動に活用してほしいと寄付金の贈呈がありました。

「大望の像」移設しました
H27.2.3
H27.2.3
01216
中学生のみなさんへ 卒業生のみなさんへ 保護者のみなさんへ
イベントカレンダー