しまねシンフォネット高校オーケストラ第19回定期演奏会

3月10日(日)松江市総合文化センタープラバホールにて行われた「しまねシンフォネット高校オーケストラ第19回定期演奏会」に出演してきました。
第一部の各校演奏では、松江東高校弦楽部の皆さんとWANIMAの「やってみよう」を演奏しました。
大きな舞台で緊張したと思いますが、しっかりと練習の成果を発揮できました。
しまねシンフォネット高校オーケストラ第19回定期演奏会
第二部では、県内5校の弦楽部で結成されたしまねシンフォネット高校オーケストラとして、「ホルベルク組曲」を演奏しました。作曲家エドヴァルド・グリーグ作曲による第5曲からなる組曲を、総勢40数名で演奏し、観客を魅了しました。
しまねシンフォネット高校オーケストラ第19回定期演奏会
第三部では、松江東高校・松江北高校の吹奏楽部が加わった管弦楽オーケストラで、「八重の桜 メインテーマ」「風紋」を演奏しました。定期演奏会に向けて、ほんの数回しか合同練習の機会はありませんでしたが、ご来場いただいた保護者さんからは「感動しました!」との感想をいただきました。
今後も、校内校外問わず、ますます弦楽部の活動を充実させていきたいと思います。
しまねシンフォネット高校オーケストラ第19回定期演奏会