猛暑を乗りこえ、今年もできたよサツマイモ!

今年度の芋ほりは、生物環境工学科、総合学科2年生、農業クラブ役員の計76名の生徒が参加しました。5月のイモ苗植え付け後、6月~7月の豪雨、一転して7~8月の猛暑、小雨で、今年のサツマイモの生育環境は厳しいものがありました。行事の関係で例年より1週間早く収穫しましたので巨大イモは少なかったように見えました。反面、調理には手頃な大きさのイモが多かったように思います。当日は直前の小雨や肌寒さが心配されましたが、園児の歓声で吹き飛んで、無事に掘り終えることができました。雨の影響もあり、早めに切り上げましたが、皆さんたくさんのイモを手にしていました。
猛暑を乗りこえ、今年もできたよサツマイモ!

時折ぱらつく雨に用意万端

猛暑を乗りこえ、今年もできたよサツマイモ!
「この袋にしっかり入れて帰るよ」
猛暑を乗りこえ、今年もできたよサツマイモ!
「ここにあるでしょ」「ほんとだ」
猛暑を乗りこえ、今年もできたよサツマイモ!
「わ!こんなに沢山のイモがあったよ!」
中学生のみなさんへ 卒業生のみなさんへ 保護者のみなさんへ 翔陽生による”学校応援ブログ”SHOYO BLOG
イベントカレンダー