埼玉県・広島県・福岡県・熊本県・鹿児島県にて、農業の先進地留学研修

生物環境工学科2年生6名が、夏期休業中の期間(7月24日~8月17日)を利用し、県外の先進的な取り組みを実践される農家において留学研修を行いました。この研修は、農業に関する知識・技術の習得と農業の意義を理解し、将来農業および関連産業の従事者としての意欲の醸成を図ることを目的として、(財)しまね農業振興公社および島根西部農業後継者育成確保連絡協議会の協力のもとに実施しました。
6人の生徒は、霜里農場(埼玉県)、平田観光農園(広島県)、古野農場(福岡県)、グリーンコープ御岳会(熊本県)、萬田農園(鹿児島県)の全国各地の先進農家において研修・実習を体験しました。生徒達は、親元を離れた約3週間の農業の宿泊体験型実習を通して、農業に対する関心・意欲を高め、心身共にたくましくなって島根に帰ってきました。
埼玉県・広島県・福岡県・熊本県・鹿児島県にて、農業の先進地留学研修
埼玉県・広島県・福岡県・熊本県・鹿児島県にて、農業の先進地留学研修
埼玉県・広島県・福岡県・熊本県・鹿児島県にて、農業の先進地留学研修
埼玉県・広島県・福岡県・熊本県・鹿児島県にて、農業の先進地留学研修
中学生のみなさんへ 卒業生のみなさんへ 保護者のみなさんへ 翔陽生による”学校応援ブログ”SHOYO BLOG
イベントカレンダー