人権・同和教育の第2回公開授業を行いました

本校では、各学年・各クラスで人権・同和教育の学習指導案を工夫し、正担任と副担任が協力して年3回の研究授業を実施しています。2学期は、11月24日(金)に各クラスの副担任が中心となって実施し、すべての教職員が参観し保護者への案内もしました。
 各学年の指導内容は、以下のとおりです。
  第1学年  身近な人権学習 ~気づきから行動へ~
  第2学年  部落差別から学ぶ ~解放令を中心に~
  第3学年  働き方について考えよう ~労働問題への対応~

人権・同和教育の第2回公開授業を行いました
人権・同和教育の第2回公開授業を行いました
人権・同和教育の第2回公開授業を行いました
人権・同和教育の第2回公開授業を行いました
参観者からは、”生徒達は興味・関心を持って取り組んでいた””生徒の発達段階や課題等を踏まえた授業展開で内容も良かった””「解放令」発令後の社会や農民の動きを上手く捉えさせることが難しい”とか”「正規雇用」と「非正規雇用」の比較や「福利厚生」など時間をかけた説明と内容の精査が必要”など今後の課題となる意見がありました。
 授業後の生徒の感想はクラス担任が目を通して生徒にコメントしたり、教職員の気づきや感想は学期末にまとめと振り返りを行うなどして、生徒とともに教職員の人権感覚を高めながら、よりよい教材や開催時期の検討をしていかなければなりません。
中学生のみなさんへ 卒業生のみなさんへ 保護者のみなさんへ 翔陽生による”学校応援ブログ”SHOYO BLOG
イベントカレンダー